皆様こんにちは ミナトワインインポート代表の小林義明です 

1999年に始まったワインブームは、当時白ワインが大勢を占めていた市場が赤ワインへと動きました。市場では赤ワインが品薄になり、安く工業的に造られたワインでさえ相場以上の値で販売されていました。

元々ワインの直輸入ができないか模索していた私はフランス人やイタリア人とのネットワークを活かしワインの直輸入を1999年11月より開始致しました。今でこそ町の酒屋が直輸入をしていることは珍しくありませんが、当時ではかなり珍しい参入でした。しかしなぜ私が始めたかったかというと、デイリーワインとして飲むべきワインが国内市場では対価として高額だったためです。 

   

ワインが消費者の手元に届く間に、

とこれだけの業者が入っているので、輸入業兼問屋を自社ですることにより

と、このように中間マージンを省けばお客様に自分が良いと思ったものを消費者にお届けでき、かつ生産者と直接対話をしている私なら、その生産者の気持ちもお客様に伝えられると思い始めました。 生産者も一般消費者の声が直接聞けるということで大変喜んで頂いております。

 

2002年から始めたオーストラリア、ニュージーランドを含め、フランス、イタリア、スペイン、オーストリアのワインを扱っております。

ワインを輸入する前に、必ず生産者に会い、畑を見せていただき、どのような作りをしているか、人となりをお互い確認してから輸入をしています。

現在はワイン会と称し、お客様のレストランを貸切させていただき、品質の良いワインを楽しんで頂ける場を作っております。来られたお客様がそのレストランのお食事を気に入り、次回は個人で訪れていただいたりすることで、レストラン様にも喜んで頂いております。

食を通じ、いろいろな世界(ジャンル)の方々の交流のお力添えになれるよう日々奮闘しています。