Loire ロワール

トゥールを中心としたロワール地方は、「フランスの庭園」と呼ばれ、美しい城やブドウ畑が点在し、ロワール川とその支流によって発展してきた地方です。その景観は世界遺産にも登録されています。


ロワール川のゆったりとしたに流れ、美しい街並み、その肥沃な土壌から生産される美味しい農作物に美味しいお酒・・・・・・。

この地方にお城が多く建てられたのは、貴族にとっても魅力的な土地だったのでしょう。

Tours トゥール

パリからTGV(フランスの高速鉄道)で1時間10分でロワール巡りの拠点となる街、トゥールに到着します。拠点とはいっても、トゥールはロワール川湖畔の小さな街で、この街には古城やワインを目的とした観光客が多く集まります。

古城やワイナリーには、本数の少ないローカル線の電車やバスより、観光バスに乗る方がおすすめ。

この地域ではCaveカーヴと呼ばれる洞窟を利用した天然のワインセラーがあり、シャトー巡りのバスツアーの中にはカーヴを訪れるバスもあるので、お城とワインの両方を楽しむことができます。もちろんカーヴでは何種類かを試飲でき、購入することも可能です。

この地域のワイン