Waiheke ワイへケ

オークランドから約17km(フェリーで35分)の場所に位置している島、Waihekeワイへケ。その名は先住民であるマオリ族が「長い隠れ場所(Te Motu-arai-roa)」と名付けていましたが、ヨーロッパからの移民たちが「水の滴る島(Motu-Wai-Heke)と呼ぶようになったことに由来します。

名前の由来通り、ここはオアシスのような都会の雑踏から離れることが出来る隠れ場所であり、ビーチから聞こえる柔らかで心地よい波音が人々を迎え入れてくれます。別荘などの高級住宅が多くあり、KIWI(ニュージーランド人の愛称)の憧れの土地でもあります。

毎日フェリーも出ていて交通の便も良く、個人のヨットやボートでも簡単にたどり着くことが出来るので、この島からオークランドに通勤している人も多くいます。


交通手段

島の中の移動手段はバスやタクシー、レンタカーが多く利用されます。ワイナリーツアー等ももちろんありますので、ツアー利用の観光客も多く、様々なワイナリーを周遊してはテイスティングを楽しむことができます。

また、全長で20km程度の島ですので、レンタルスクーターやレンタサイクルもおすすめです。


優雅な孤島 ワイへケ

人口約8,600人(2014年6月)程度の街ですが、100人以上のアーティストが在住しているニュージーランド屈指の芸術の街で、街の美術館には地元のアーティストらが手掛ける作品が展示されています。中でも、Waiheke Community Art Galleryはニューヨークタイムス誌でも取り上げられるほどの世界的有名な美術館です。街のアートショップを巡り、ニュージーランドの芸術に触れてみるのもこの島の楽しみです。


また、街全体のホスピタリティーの品質がとても高いのでカフェやレストランで優雅な時間を過ごすことが出来ます。

ワイナリーが経営するカフェ・レストラン・ロッジが多く、結婚式用のロッジなどもあり、ロマンチックな場所になっています。

Papamoaパパモアは砂浜が16kmにも渡って広がる人気のビーチです。サーフィンや釣りを楽しむ人が多く見られます。またここは一部ヌーディストビーチになっているので注意が必要です。

近くにはハイキングのコースもあり、山からの自然の景色を楽しむこともできます。所々急な斜面があり、スリリングですが、それもニュージーランドのウォーキングトラックの醍醐味です。約1時間の周遊コースであるのも人気の理由の一つでしょう。

 

最近ではワイへケのワインが国際的に高く評価されており、ワイナリー巡りで訪れる観光客も多く見られます。

ここでは、海からの影響や山の斜面によって、様々な小さい規模での気候変化があり、同じ島内でも様々なワインタイプが醸造されているのも魅力です。

 

オークランドからの距離、芸術、文化、自然と様々な表情があり、上質なホスピタリティーとワインを堪能・・・・・・。

ワイへケ島はまさに贅沢なリゾートアイランドと言えるでしょう。