South Australia

サウスオーストラリアはオーストラリア南部に位置しており、アデレード、マウント・ギャンビア、マレー・ブリッジ、ポート・リンカーン、ポートビリー、ビクター・ハーバー、ワイアラ、クーバー・ペディからなる州です。最も乾燥しているといわれていますが、四季を感じることもでき、オーストラリアの中では比較的に過ごしやすい地域です。

現代と歴史の融合都市 Adelaide

オーストラリア国内で4番目に大きな州都アデレード。その街の美しさから「世界で最も住みたい都市」の一つとされています。
イギリスからの流刑植民地とされたほかの都市とは違い、新天地を求めた自由移民によって作られた街です。
1836年12月28日にイギリスの植民地となり、この日は州の祝日に制定されています。アデレードの名前は、当時のイギリス国王ウイリアム4世の王妃の名前です。移民たちが、希望を抱き、慕っていた王妃の名を新天地につけたとされています。
格子状に作られた街の中心地は歩きやすく、またなんといっても近代的な建造物とヨーロッパ調の歴史的建造物との兼ね合いがとても素晴らしく、見る人の心を弾ませます。

Tramのすすめ

街の中には、Tram(トラム)と呼ばれる路面電車が走っており、街の端にあるカジノからグレネルグビーチを繋いでおり、移動にとても便利です。

その街並みも、中華街があり本格的な中華が楽しめたりすることを始め、他にもアジアン料理のお店があったりと様々な文化が融合しています。

ショッピングを楽しみたい人はランドルモールに是非足を運んでみてください。


そこは歩行者天国になっていて、数々のショップが並んでいます。芸術家による思い思いのパフォーマンスに足を止めることが出来るのもここの魅力です。

セントラルマーケットでは新鮮な野菜や果物をはじめとする食料品が所狭しと並べられており、思わず見入ってしまいます。特に土曜日は次の日がお休みのこともあり特売日となっていて、早朝から活気に溢れています。

Tram(トラム)の終点地グレネルグビーチは、ショッピングと海水浴を楽しむことができ、お気に入りの水着を見つけたらそのまま海に直行!!してもいいでしょう。

サーフィンをするのもよし、ビーチバレーをするものよし、日焼けを楽しむのもよし、地元の人や観光客が思い思いに海を楽しんでいます。レストランやカフェも多いので海を見ながらワインやビールも楽しめます。

但し、ビーチでアルコールを飲むことは法律で禁止されていますので、必ずお店で飲むようにしてくださいね。また、グレネルグビーチのフィッシュアンドチップスは絶品なので是非。

 

ワイン堪能ツアー

街から少し足を伸ばし、車で約30分、数多くのワイナリーが存在するアデレードヒルズに到着です。もう少し先にはシラーズが有名なバロッサ・バレーと、オーストラリアワインの代表産地が待ち受けています。各ワイナリーで試飲もさせてもらえるので自分好みのワインを探すドライブの旅も面白いもので、お気に入りのワインが見つかること間違いなし。

アデレードヒルズから見る景色は絶景で昼と夜の異なる二つの顔は、デートスポットとして地元の人に愛されています。


この地域のワイン